>>

べーカンシー・チェック・サービス
(vacancy check) 
(無料)

mitsuba associatesホームページへ

このサイトをお気に入りに追加する

 入学願書を出す前に、費用や時間の節約のため、その学校、大学やコースに空きがあるか確かめましょう。ご希望の学校 、大学の、ご希望の時期、ご希望のコースに空きがあるか、受け入れて頂けるかを、mitsuba associatesがお調べし、メールでお知らせします(無料)。

 学校、大学の定員に空きがあっても、特に国籍制限のある学校、大学では、すでに日本人生徒が定員に達しているという理由で、入学を認めてくれないことがあります。 また、年齢制限のある学校もあります。 特定の期間、海外の学校と提携し、団体で生徒を受け入れているため、一時的に個人の入学を受け付けていない場合もあります。 エグゼクティブを対象とした学校では、特殊な専門職についた社会人しか受け入れてくれないこともあります。 さらに、最近では、不景気 やテロ事件の影響で、インターネットなどでは、今まで通り、案内をしているにもかかわらず、予告なしに休校または閉鎖してしまった学校もあります。 そして、最も基本的なこととして、あなたの入学希望日は、学校 、大学の設定した入学受入日でしょうか?

 いきなり願書を送ってしまった場合、受け入れてくれる場合はいいですが、もし受け入れてくれないときはいろいろ問題が起こります。

1、 願書(申込書)を送っても受け入れられなかったら、申し込み用紙の往復で結局、2週間ぐらい時間を無駄にします。

2、通常、願書提出時にレジストレーション代、またはデポジット(手付金)を送金しなければなりません。 入学できない場合は、レジストレーション代は、ほとんどの場合、返金されません。 また、送金にかかる費用は自己負担です。 この時点で、入学が拒否される場合は、かなりの額を無駄 にすることになります。 さらに願書にクレジットカードで支払うよう明記した場合、入学できなくても、カードから費用が引き落とされてしまうというミスもあります。

3、春や、夏のハイシーズンには、航空券はかなり早くから予約を入れないと席を確保することができません。 航空券の予約を入れてから、学校、大学から希望コースに空きがないと言う連絡があった場合、他の学校 、大学をすぐに手配することができなければ、航空券をキャンセルするするか、便を変更しなければなりません。 しかし、格安航空券の場合、ほとんどキャンセルや変更が出来ません。 または、高額のキャンセル、変更料を支払うことになります。 申しこみ手続きが完了してから航空券の手配では、すでに満席になっていて手遅れということもあります。

 入学願書の送付や、航空券の手配をする前に、受け入れてもらうことができるかどうか、チェックしておくことは非常に重要なことです。

 mitsuba associatesでは、「Vacancy Checkサービス」を無料で提供しています。 このサービスを利用することで無駄な手間や時間やお金を節約することができます。海外の学校 、大学へ直接問い合わせ、結果をお知らせします。 

 またご希望に応じ、コースの予約、申し込みをすることもできます。

 このサービスは学校、大学を絞り込まれてからご利用ください。一度に 3校の調査というようなご利用の仕方はおやめください。第一希望の学校から。順にご依頼ください。

 

 このサービスを利用された方に、後ほど、「学校、大学選びや入学手続き」に関する調査をしております。複雑な手続きではございません。出発ご予定1ヶ月ほど前に我々のほうからご利用者様にアンケートのメールをお送りさせていただきますので、 お答えいただき返送していただくだけです。 このフォームの送信ボタンをクリックしていただいた時点で、 このことに同意していただいたものとさせていただきます。ご協力よろしくお願いいたします。

 

オンライン「Vacancy Checkサービス依頼フォーム」へ
SSL(暗号化通信)セキュア・サーバ  SSL確認ボタンが表示されることがあります。OK(またはYES)をクリックしてください。
このフォームが正しく動作しない場合は、こちらをクリックしてください。


Copyright (c) mitsuba associates 2006-2015. All rights reserved. No reproduction or publication without written permission.